協会について

ホーム  »  協会について

多賀の城文化事業協会について

多賀の城文化事業協会は全身の一般社団法人多賀の城文化事業協会が解散したことによりあらたに組織された団体です。
その目的は地元・宮城県多賀城市出身のヴァイオリニスト郷古廉さんを応援することです。
 このたび2019.12.22に開催される
郷古廉&加藤洋之デュオリサイタル」を主催する郷古廉コンサート実行委員会の事務局としてコンサートの企画、運営、管理を担当します。
事務局は現在多賀城駅前にある「珈琲&喫茶みおりね」内にあり、主に郷古廉さんを応援する事業を実施しています。

郷古廉コンサート実行委員会について

規約
(名称)
第1条 この委員会は「郷古廉コンサート実行委員会」(以下「委員会」と略称)とする。
(事務所)
第2条 委員会の事務所を多賀城市中央2丁目11-21多賀の城文化事業協会内に置く。
(目的)
第3条 委員会はこのコンサートの円滑な運営と郷古廉を応援することを目的とする。
(事業)
第4条 委員会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1)
「郷古廉&加藤洋之デュオリサイタル」の企画・運営に関する事項。
(2)
「郷古廉&加藤洋之デュオリサイタル」の広報に関する事項。
(3) 
郷古廉応援に関する事項。
(4) 
前各号に掲げるもののほか、前条の目的を達成するために必要な事項。
   第2章 組織
(委員)
第5条 本会に、委員および監事を置く。
(1)
委員は、「郷古廉&加藤洋之デュオリサイタル」の準備、実施、運営にあたる。
(2)
監事は、本会の会計及び業務の執行状況を監査する。
(役員)
第6条 本会に、次の役員を置く。
(1)
 代表 1人
(2)
 副代表 1人
(3)
 事務局長 1人
(4)
 監事 1人
(職務)
第7条 代表は、本会の業務を統括し、本会を代表する。
2副代表は、代表を補佐し、代表に事故があるとき又は代表が欠けたとき、その職務を代行する。
3事務局長は、本会の事務を統括する。
4監事は、本会の会計を監査する。
(任期)
第8条 役員の任期は、本会の解散までとする。
    第3章 会計
(経費)
第9条 本会の経費は、次に掲げるものをもって構成する。
(1)
チケット収入金
(2)
補助金・助成金
(3)
寄付金・協賛金
(4)
その他の収入
(会計期間)
第10条 本会の会計期間の始期は2019年5月1日、終期は解散までとする。
2 本会の会計に関し、必要な事項は、会長が別に定める。
    第4章 解散
(解散)
第11条 本会は、第3条に掲げた目的を達成した時点で解散する。

    第5章 補則
(その他必要な事項)
第12条 この規約に規定するもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会長が別に定める。

   附 則 この規約は、2019年6月1日から施行する。

「郷古廉コンサート実行委員会」委員名簿

委員        :阿部勘九郎(阿部勘酒造社長)
委員(副代表)   :阿部仁(阿部亀商店社長)
委員            :阿部正子(東北学院幼稚園園長)
委員          :松田捷子(みおりね喫茶店主)
委員        :雪ノ浦健(多賀城市文化センタ―事業・広報課長)
委員(監事)    :吉田忠彦
委員(代表兼事務長) :佐藤正道(多賀の城文化事業協会代表)

郷古廉コンサート協賛企業

以下の企業に協賛いただいております。(2019/7/1現在)

株式会社鴻池組様
阿部勘酒造会社様
杜の都信用金庫様
株式会社阿部亀商店様
お問い合わせ
ページの先頭へ